2016年9月 3日 (土)

学校支援事業フォーラム(ワークショップ)ご報告

9月3日(土)に、ノーマライゼーション学校支援事業のフォーラムを
行いました。(平成28年度千葉県人権啓発事業として開催)
この事業は、千葉県とNPOの協働事業として行っており、事業の報
告会も兼ねています。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございましたsign01
午前と午後に分けて、ご報告いたします。

午前中は、イイトコサガシワークショップ。
昨年に続き、講師は横山小夜子さん(ハンドルネーム:ちゃびん)。

Img_7030

事前のご案内のチラシには、横山さんとご相談して、「コミュニケー
ションで生きづらさを抱えている人(苦手意識・経験不足)を理解す
るために必要なのは…交流です! そして、コミュニケーションに大
切なのは、…場かずです!経験です!楽しい成功体験です! ワー
クショップを通じて、今の自分を受け入れる、新たな自分の可能性に
気づいてみませんか?」と書きました。

Img_7028

今年は、定員30名のところ、満員のお申し込みをいただきました。
ご家族で参加された方も何組かいらっしゃいました。
はじめは緊張気味のみなさんでしたが、ちゃびんさんの進行でアイス
ブレイク、そして自己紹介。

Img_7036

笑いもでて和やかな雰囲気の中でワークショップが進みました。
いくつかのお題でワークショップが行われ、一つおわるたびに自分は
どう感じたか、感想や気づいたことを出し合います。

Img_7039

Img_7044

あっという間に2時間のワークショップが終了しました。
アンケートには、「初めて自己紹介ができました。」という感想がありま
した。「また参加してみたい。」という声も多く寄せられました。
それぞれにたくさんのことを感じたワークショップだったと思います。
「試しただけで大成功!」というちゃびんさんの言葉通り、まずはやって
みるという一歩を踏み出せたことは、とても大きなことだったのではない
でしょうか。

学校支援事業フォーラム(事業報告&講演)ご報告

9月3日(土)、ノーマライゼーション学校支援事業フォーラムの午後は、
最初に2015年度の報告をしました。

Img_7054

事業の概要と個別相談の1年分のデータ、そしていくつかの事例をお
伝えしました。
個別相談は、延べ104件、34名のご相談を受けました。
障害の種類としては、広汎性発達障害が一番多く、次に「障害の疑い
がある」という方が多かったです。
相談内容としては、周囲の理解を得られずに困難さを抱えている中学
生の場合、通常学級・特別支援学級共に、進学の相談を受けるケース
が多かったです。障害のある子の進路選択は、進学先の障害への理解
や支援などの情報が少ない中で、本人や保護者が不安になっているケ
ースがほとんどです。特別支援学級や特別支援学校の相談では、教科
学習をどう保障するかという課題がみられました。また、家族関係の問
題では、家庭での安定した環境をどのように作っていくか、クライアント
に寄り添って一緒に考えました。

後半は、綾屋紗月さんに「発達障害の人が生きやすい社会とは―当事
者による研究の広がり―」というタイトルでご講演いただきました。

Img_7059

綾屋さんご自身の幼少期からの体験、細かい感覚のことや、「普通」に
ふるまうことがとても大変だったということ。「自分は何者なのか」という
ことに悩み、発達障害ということがわかって、やっと自分のことが少しわ
かったという思い。でも、今度はコミュニケーションをする上で、何か問題
が起きた時に、それが発達障害のある人の責任とされてしまうことの危
険を感じる…。コミュニケーションとは、双方の関係。何か問題があると
したら、双方で解決していかねばならないのではないかというお話は、と
ても心に響きました。
そして、現在は当事者研究の会を主催し、さまざまなコミュニケーションの
可能性を探っていらっしゃいます。綾屋さんご自身は、言葉と手話と一緒
に使うことで、目からも情報が入って「すとんと理解しやすくなる」とおっしゃ
っていました。実際に手話を使ったり、映像をいろいろと使って説明してい
ただき、「なるほど」と思うことがたくさんありました。

Img_7066

Img_7068

コミュニケーションをするには、様々な手段があります。発達障害当事者
の方々が、音、絵、文字、手(手話)などの中で、どのような表現手段を、
どのように使うことが自分にとって快適なのかを研究していらっしゃいます。
その研究は、あらゆる人のコミュニケーションに有効だと思います。今後の
発展が待ち遠しく感じるお話でした。

Img_7069

2016年9月 1日 (木)

フェアトレードのビーズアクセサリー

これまでおせんべいをBOX販売していたアイルさん。
このたび、新たにフェアトレードのビーズアクセサリーを販売する
ことになりました。

個性的な一つ一つのビーズ。アイルさんからビーズのご紹介文を
いただきました。
ぜひ、皆さんもお気に入りの一つを見つけてください。

☆アイルのビーズアクセサリー☆

アイルでは、インドのNGO「タラ・プロジェクト」のビーズを仕入れ、
オリジナルアクセサリーをつくりましたsign01
きれいなビーズのブレスレット。ぜひお手にとってみてくださいnote

Img_6767

Img_6768

Img_6769

Img_6880

≪タラ・プロジェクト≫とは・・・

・1966年に設立されたインドのデリーに事務所を置くNGO(NPO)
で、北インドのクラフト職人や女性たちなど、低所得の生産者の
支援をしています。

・多くの職人は、せっかく良い技術をもって優れた製品を作ってい
ても、それを自分で販売するノウハウがないために、ブローカーに
よって大変安い値段で買い叩かれ、貧しい生活を余儀なくされてい
ます。タラ・プロジェクトは彼らの製品を直接輸出することによって
、適正な対価を支払うとともに、職人の子弟を学校に行かせるよう
に促したり、青空学校を開いたりして、低所得者の生活向上に努め
ています。

・インドではアクセサリー産業が盛んですが、児童労働の温床とも
なっています。価格をぎりぎりまで下げるために低賃金で働く労働
力が必要なこと、子どもの小さな手が繊細なパーツづくりに適して
いることなどから子どもを雇う工場主が多く、貧しさから子どもを働
きに出す親も少なくありません。教育を受けずに大人になる子ども
たちは、ほかに仕事の選択肢がないために、やがては自ら工場主
となって子どもを雇うようになるという負の連鎖を引き起こしていま
す。タラ・プロジェクトは雇用の場をつくり、大人たちが経済的に自
立を果たすことで児童労働をなくすことを目指しています。また、
児童労働をなくすため、親が教育の大切さを学ぶワークショップを
開催したり、貧しさで子どもを学校に通わせることができない家庭
のための奨学金制度も運営しています。

・タラ・プロジェクトが支援する生産者グループのひとつに、ガラス
ビーズを作っているグループがあります。彼らは先祖代々この仕
事に従事していて子どもの頃からビーズ作りに親しんできたため
に、大変な技術をもっています。しかし、通常はやはり仲買人に
安く買ってもらう以外にないため、ほとんど朝から晩まで作業をし
ているにもかかわらず貧しい生活を送っています。しかし、タラ・
プロジェクトの支援を受けるようになってから、彼らの生活にも変
化がもたらされました。タラ・プロジェクトでは彼らの希望する価格
でビーズを買いとっているために、結果として25%ほど多く収入が
生産者をもたらされます。また、スタッフが教育の大切さをくり返し
伝えたことにより、子どもを学校に行かせるようになりました。彼ら
は今、自らの生活を向上させるためにグループが団結して努力し
ています。

Img_6874

Img_6877

2016年8月23日 (火)

中高大学生のボランティア、頑張っています!

Simg_6961

今年も受け入れを行っている、「地域に飛び出せ!!ふなばし夏のボラ
ンティア体験2016」。
これまでに15人の方がボランティアに来てくれました。
これからもボランティアの受け入れは続きますが、ここで中間レポートをsign01

ボランティアの内容は、
①カフェの場合には、全員でラジオ体操をした後、開店準備、カフェでの
接客、ケーキ作りなどを午前中に行って、最後に『働く障がい者―ユニバ
ーサル就労の可能性―』のDVDを見てもらい、カフェ以外で働く利用者さ
んの様子を知ってもらいます。

Simg_6916

Simg_6945

Simg_6963

障害のある人と一緒に活動すること、広く社会の中で障害のある人が働く
チャンスについて、考えてもらいたいと思っています。

②本町通りの清掃の場合は、本町通りのゴミ拾いをして、その後、同様に
DVDを見ていただく、という流れです。

Simg_6929

Simg_6932_2

Simg_6942

みなさん、最初は緊張した様子ですが、自己紹介をして一緒に活動する中
で、だんだんと笑顔も見えてきます。一人一人が自分の出来るボランティア
を一生懸命してくれているので、スタッフも頑張る、という良い関係になって
いると思います。ありがたいことです。

<アンケートより>

■障害のある人と一緒に仕事をしてみていかがでしたか?
・普段、障害のある方と行動することがめったになかったので、本当に貴重
な経験をしたと思っています。障害のある方はどのように働いているのか、
障害のある方が働くことができる仕事場はどのくらいあるのかなどを知るこ
とが出来て良かったです。この現状をよりたくさんの人にお伝えしていきた
いなと思いました。お話しや、一緒に仕事をしてとても楽しかった!
・細かいごみの1つ1つを丁寧に拾っていたり、ちょっとした小さなことにでも
気づいていたりしてすごいなと思いました。

■DVDをご覧になった感想をお書きください。
・今まで障害のある方はどのようにして働いているのかなど、考えたこともな
かったので、DVDを通して知ることが出来て良かったです。今までの経験と
DVDを通して思ったのは、障害のある人は、障害のない人よりも一つや二つ
、はるかにたけていることがあるということ。他の人より丁寧に仕事が出来た
り、ものすごく暗記力がある方など、才能にあふれているなと改めて感じまし
た。
・障害のある人にも働く場所を提供するのは、障害者の働く人も安心できる
ので、とてもいいことだと思います。もっとこのような施設を作ってもらいたい
です。

2016年8月13日 (土)

馬込広場の四季(2016年8月)

 一年がめぐりました

 8月の花といえばヒマワリです。広場の花壇には2種類のヒマワリが
咲きました。黄色と赤色です。みごとに咲き残っていたそのヒマワリで
すが、立秋を過ぎ、お盆休みを迎えてさすがに盛りを過ぎてきました。
とくに花壇中央の背の高い黄色ヒマワリは花も終わり、茎の緑が褐色
に変わりました。

Cimg0435

黄ヒマワリは咲き終えました

暑い盛りに元気に咲いてくれたことに感謝して、13日に抜き去りまし
た。ヒマワリは夏の花として欠かせないので、来年も植えたいものです。

Cimg0438

抜き去って更地に

赤いヒマワリのほうは元気を失わず小ぶりの花を咲かせてくれています。
初めての花なのでいつまで咲いていてくれるのかまだわかりません。

Cimg0434

赤ヒマワリはまだ元気です

 ちょうど1年前の8月に、ひなたぼっこブログに馬込町団地広場の整備
の様子を連載することになりました.今回で13回になります。
 住宅地内の小さな公園ですが、ここでも四季はめぐり、草や花や虫たち
が懸命に生きています。広場で生きている生き物のなかに、ここを訪れる
大人や子どもも入れていいかもしれません。草が萌え命が動き出す春、
その命が燃えさかる夏、草が枯れ葉が落ちる秋、春に向けて静かに備え
る冬、記をつけなければ見逃してしまう小さな命たちの営みを、広場を清
掃することでつぶさに感じることができます。

 わずか1年のあいだで草取りしただけといえばそれだけのことですが、
清掃参加者の顔ぶれも変わり、滑り台がなくなったり、茂りすぎた樹木の
枝がはらわれたり、道側のツツジを切って花壇を作ったり、いろいろなこ
とがありました。

 そのつどお伝えしながらこの1年が過ぎていきました。ちょうど今回で
ひとめぐりです。
広場清掃はこれからも続きますが、ブログはここでいったんお休みさせ
ていただきます。読んでくださった皆さまにお礼申し上げます。
  (山田豊)

2016年7月23日 (土)

ふなばし市民まつり、今年も大盛況!

7月23日(土)、ふなばし市民まつり、大盛況で終了いたしました~sign01
カフェや出店しているバザーブースにいらしていただいた皆さま、本当に
ありがとうございました。

今年は、株式会社ソーケン製作所にコリントゲームのご相談をしたところ、
なんと、つい先日市川の環境フェアでお使いになったというコリントゲーム
を譲って下さるとのこと。

Simg_6894

それをひなたぼっこのスタッフが実際に試してみて、「ここははずれに変え
よう。」とか「ここはめったに入らないから、10点ボーナス!」などなど、ワイ
ワイと点数の部分をアレンジして、台を完成させました。

Simg_6895

今回、1日で64人ものお子さんがゲームをして下さって、寄付していただい
た景品のぬいぐるみなどは、ほとんどなくなりました。
カフェには、40人ものお客様がいらして下さいました。いつもお世話になっ
ている方々が立ち寄ってくださり、にぎやかな1日でした。

Simg_6893

また、バザーの方も大盛況!
お客様が途切れず、皆さんからご寄付いただいた商品は、どんどん売れて
行きました。

Simg_6897

Simg_6899

13時半になったところで、「全品半額セール!!」を開始。
皆で声を張り上げて、販売したのでした。

Simg_6900

今回、大日本住友製薬株式会社から、ボランティアでいらした田部井さんは
マーケティングがご専門。私たちの販売の、とっても強力な助っ人になりまし
た。手際の良さにもビックリで、本当に助かりました。

Simg_6902

スタッフ、ボランティアさんで乗り切った1日。
集合写真は、片付けが終わって、一段落したところ。
みんな、よく働きましたsign01

Simg_6910

2016年7月15日 (金)

『support(さぽーと)』7月号に掲載されました!

今日は、メディア掲載のご報告です!
知的障害福祉研究『support(さぽーと)』の7月号、訪問記で、ちばMD
エコネットをご紹介いただきました。

Simg_6881

記事を書いて下さったのは、古荘純一さん。
青山学院大学教育人間科学部教授、医学博士(小児科医、小児神経
科専門医)でいらっしゃいます。ご著書もたくさんあり、実は、昨年度の
ノーマライゼーション学校支援事業のフォーラムで、ご講演いただいた
のです。
その時に、私たちの活動に興味を持って下さって、今回の訪問となり
ました。古荘さん、お忙しい中お越しいただき、ありがとうございました!

Simg_6882

カフェにも1部置いてありますので、ぜひご覧下さいませ。
『support』を編集・発行している、公益財団法人日本知的障害者福祉
協会については、以下のホームページをご覧下さい。
http://www.aigo.or.jp/menu01/

2016年7月 9日 (土)

学校支援事業第1回、2回研修報告

7月9日(土)、ノーマライゼーション学校支援事業の第1回、2回研修を開催
しました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
今年度のテーマは「誰にでもできる支援へ向けて」です。

Simg_6860

第1回 は、「発達障害の理解と支援 ― 誰にでもできる支援へ向けて」
というタイトル。田熊立さん(千葉県発達障害者支援センターCAS 副セン
ター長)を講師にお迎えし、お話しをしていただきました。

Simg_6856

支援の基本は、「なぜそのような行動をしているのか」を理解すること。
本人の行動の背景にあるものを見て、本人の強みを活かした支援をする
ことの大切さを再確認できました。

第2回 は、「障害のある生徒の高校進学と高校生活 ― 多様な進路の1つ
として」というタイトルで、石橋正治さん(千葉県立生浜(おいはま)高等学
校 教諭)にお話ししていただきました。

Simg_6868

県立生浜高校の三部制の高校ならではの取り組み、不登校回復プログラ
ムや、日本語を母語としない生徒サポートプログラムについても説明があり
ました。発達障害のある生徒への配慮は様々行っているけれども、プログラ
ムについては今後作って行かれるそうです。
さまざまな生徒がいるというのが当たり前の環境で、発達障害のある子も学
んでいるということが、とてもプラスになるのだろうと思います。
また、千葉県には障害のある生徒の公立高校受験について配慮する制度
があり、その制度について県教育庁指導課の小山雄一郎さんにご説明いた
だきました。
第1回、第2回ともに多くの質問があり、終了後にも何人かの方が講師に個
別に相談されていました。

次回は、9月3日(土)にフォーラムを行います。
こちらも、近々ご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

馬込広場の四季(2016年7月)

 雨の日の広場

 梅雨はまだ明けません。梅雨というと弱い雨が日長しとしと降り続け
る天候を思いますが、最近の梅雨が雨の振り方が以前と変わってしま
ったようで、時折ザザっと降ります。

雨の日は広場清掃を休みにしますが、ゴミ箱のゴミが消えるわけでも
なく、雑草が伸びるのを休むわけでもないので、最低限の清掃を責任
者が雨の中でおこないます。

Scimg0423

花壇の花も雨を喜んでいるよう

花壇のヒマワリはどんどん大きく伸びています。移植したときは苗が
倒れないよう、割り箸と針金出固定しましたが、もう人の背ほどにも
伸びました。こうなると割り箸では支えになりません。台風でもきたら
皆倒れてしまうので、80センチほどの支持棒を立てて紐でしばって支
えることにしました。

Scimg0422

赤いヒマワリが大きくなった

その隣では皇帝ダリアがさらに高く、見上げる高さになりました。ナデ
シコやサルビアはほぼ終わりましたが、ユリの花が見事です。

Scimg0420

ユリは今が見頃

もう花の終わってしまったユリやヤグルマソウの脇で去年に種が散った
コスモスの苗が育っています。

 花壇の草花だけがよく育ち、雑草は伸びなければいいと思うのは、人
間の身勝手というものでしょう。そんなことを考えても、雑草が生長を止
めてくれるはずもありません。
この季節、植物たちは雨の恵みを受けながら、生命の燃え立つ夏に大
成長する準備をしています。これだけの人手をかけて刈っても決して負
けずに伸びてくるのは、今の季節ではヤブカラシ、笹、エノコログサなど
の強敵です。

ヤブカラシは広場の隅にそって根が伸び、やや気づきにくい、刈りにくい
ところに次々に芽を出します。すこし油断すると、木の幹や枝に絡みなが
ら数メートルの高さまで伸びます。取っても取ってもこちらが根負けする
ほどたくさんの芽が地下茎から出てきます。

笹は地下の深いところで地下茎を伸ばすので、根を退治するのが不可能
です。根気よく芽を摘んでいくしかないようです。エノコログサ(猫じゃらし)
は地下茎ではふえませんが、どこから来るやら毎年必ずそこいら中で芽を
出します。茎が伸びて隣の場所に着地するとそこに根を張り次々に広がっ
ていきます。

最後におまけで言うと、生き物ではありませんが、広場のベンチ周辺には
毎回たばこの吸い殻がたくさん落ちています。これも駆除のむつかしい
雑草の一種ともいえるでしょうか。

2016年6月18日 (土)

「手洗い講習」をしていただきました

6月18日(土)は、大日本住友製薬株式会社の方にカフェにいらして
いただき、カフェスタッフ向けの「手洗い講習」をしていただきました。
これは、昨年度から私たちが大日本住友製薬株式会社の創設10周
年記念の社員ボランティアの受け入れ団体になっているご縁で実現
しました。

カフェスタッフとボランティアさんにとって、手洗いがしっかりできること
は、仕事上必要なことです。

今回は、大日本住友製薬株式会社の方がブラックライトを使って、
いつもの手の洗い方をしてみて、洗い残しがないかどうかチェック。
普段気づかない親指の洗い残しや、爪の周りの洗い残しがバッチリ
ライトで浮かび上がり、びっくりsign03

S

その後、正しい手の洗い方を学び、洗い残しがあった人は、もう一度
洗ってチェック。

S1

S_3

「おお、きれいになりましたね!」
「手に傷があると、どうしてもその周りは洗い残しが出てしまいます。」
「あれ?まだ手のひらが少し白っぽいね。」
「やっと3回目できれいになったよ~。」
「お、完璧ですね!」

S1_2

S2

S3

大日本住友製薬株式会社の方は、人数分の資料と、ラミネートした
手洗い方法を下さいました。家族にも伝えて、手をきれいに洗って健
康管理をしていきましょう、と。

また、早速カフェのキッチンの手洗いシンクと、店内のトイレにも手洗
い方法の図を貼って、お客様にもわかるようにしました。

S_2

これからの季節、食中毒も心配です。
カフェでの衛生管理、皆で気を付けて行きたいと思いますsign01

大日本住友製薬株式会社のお二人は、この日は一日カフェでのボラ
ンティアもして下さいました。
ありがとうございましたsign01

«馬込広場の四季(2016年6月)

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ