2016年4月16日 (土)

スタッフの新ユニフォームお披露目!

スタッフの新ユニフォームができましたsign03

昨年の夏以降から進めていた企画。
実践女子大学のOG「実践桜会千葉支部」の皆さまから、「何か裁縫
などが必要なボランティアはないでしょうか。例えばスタッフの皆さんの
エプロンを作るとか。」とのお話をいただきました。
なんともありがたいお話ですsign01

打ち合わせを進めて、スタッフのユニフォームを作っていただくことに
なりました。
スタッフの体形に合わせてものを、ということで全員採寸。
着やすいもの、動きやすいものなどを考えていただきました。
本当に、ありがとうございました。

女子チームはブルー、男子チームは黒のベスト。

Img_6346

Img_6350

なかなか、きまってますよねsign02

Img_6357

新たな気持ちでスタートですshine

2016年3月 5日 (土)

ひなたぼっこ避難訓練

東日本大震災から5年。
2011年3月11日は、ひなたぼっこはまだ作業所にはなっておらず、
みんなでカフェの営業をしていました。
ゆれが起きた後は、すぐに近くの公園に避難しました。
障害のあるスタッフの中には、非常に落ち着かなくなってしまう
メンバーもいて、みんなでなだめていたことを思い出します。
その日は、何とか自力で歩いて帰るメンバーと、電車では帰れな
いので、方向が同じメンバーを保護者が車で送ってくれたりして、
なんとか全員が無事に帰宅することができました。

その後、毎年3月に避難訓練をしています。

Simg_6203

Simg_6204

Simg_6205

今年も3月5日に避難訓練をしました。近くの勤労市民センターが
津波の場合には一時避難場所になっているので、近くの公園に
移動した後にそこまで移動。

Simg_6206

Simg_6208

建物の中を確認して戻りました。

いざという時、お客様も含めて安全に避難すること。
店内にも避難場所を掲示していますが、スタッフが落ち着いて動け
るように、本当に、何度も繰り返すことが大切だなあ、と感じています。

2015年10月10日 (土)

本町通りの清掃活動、続けています

今日は、本町通りのゴミ拾いの様子をお伝えします。

Simg_5398

昨年から始めた、作業所ひなたぼっこの地域活動。
毎週火曜日と土曜日に、本町通り商店街のゴミ拾いをしています。

Simg_5399

スタッフとボランティアさんで一緒に行きます。
本町通り商店街の端から端まで歩いて、ちょうど1時間くらい。
毎回の積み重ねが大事good

Simg_5409

「お疲れさま~。」と声をかけてくれる方もいらっしゃいます。
とてもありがたいです o(_ _)oペコッ

Simg_5401

Simg_5408

そして、スタッフの良い運動にもなっていますhappy01

2015年8月22日 (土)

馬込町団地広場清掃部隊

Scimg0236

夏休みのボランティアの若者たち

 この夏は例年にない暑さで、広場の清掃を受け持っている私たちも、
いつも以上に大汗をかきながら草取りや枝切りを進めました。

Scimg0231

Mさんが地上絵を描いた

 暑いのは、伸びてくる雑草には成長のよい条件です。雨で1回清掃が
中止になった次の回など、広場に入ると地面全体がうっすら緑色に見え
るほど雑草が茂っていました。夏草の主役は、イヌタデ、メヒシバ、ヤブ
カラシなどです。かがんで小さな鎌で、また立って半月型の刃がついた
棒鎌で刈ります。直接手でむしり取る人もいます。穂をつける前に取ら
ないと地面に種が残り、来年が大変になります。

Scimg0241

ヤマザクラの幹でアブラゼミをつかまえて食べるカマキリ

 なにしろ暑いので、日光を直接浴びる場所の除草がいちばん大変。
気がつくといつのまにか全員日陰の部分に寄って作業していたりします。
ハーフタイムには休憩と水分補給は欠かせません。それでも通りがかり
の人が「ごくろうさま」と言ってくれると疲れが癒やされます。どなたか近
所の人が植えてくれたコスモスの苗が育って花をつけ始めました。
秋がそこまできています。

Scimg0238

コスモスが咲いた

Scimg0237


【山田豊】

2014年9月13日 (土)

毎月第2、第4土曜日に公園清掃をしています

Simg_3526

秋晴れ、ですねsun
作業所の仕事で、ひなたぼっこでは、毎月第2、第4土曜日に船橋市内の公園清掃の仕事をしています。
夏の暑い日も、冬の寒い日も、スタッフとボランティアさんで作業をしています。
ちばMDエコネットでは、設立当初から、船橋市内の公園の清掃をしていて、活動の中では一番古いものです。

今日はその作業日。
朝作業を終えたスタッフが、何やらビニール袋を持ってカフェにやってきましたeye

見てみると…
どんぐりsign01

公園の木々を剪定して、カフェに飾るようにと持ってきてくれたのでしたhappy01
秋ですね~。

Simg_3525

2013年7月26日 (金)

ソーケン製作所さんとの連携~間伐材のお仕事

_01_2

先日、間伐材を使った額縁製作の様子を皆様にお伝えし、ワタミの森の取り組みについてこの記事の前にお伝えしましたup

この間伐材の作業のつながりができたのは、株式会社ソーケン製作所さんのおかげです。
ソーケン製作所さんが、間伐材を活かして、障害のある人の仕事を少しでも増やしていけないものかと、ちばMDエコネットにご相談下さいました。5年ほど前のことです。

これまでに、杉を活かした入浴に使う香りのキット、黒板つみきの塗装、募金箱の製作、間伐材バッジの製作など、市川と船橋の福祉事業所にちばMDエコネットからお声をかけさせていただき、ネットワークを組んで取り組んできました。

今回は、ソーケン製作所さんからのお話で、ワタミの森の間伐材を使った額縁製作をすることができましたsign01
ヒノキの香りが事務所に広がり、なんだか良い気持ちで皆作業をしていましたhappy01

どの事業所でも、障害のある人が一生懸命仕事に取り組んでいます。
これからも、どうぞよろしくお願いしますconfident

ワタミの森の間伐材の額縁製作~活用について

201306rflol_01

先日お伝えした、間伐材を使った額縁製作のお仕事。
この間伐材は、ワタミの森で伐採されたものですbud

特定非営利活動法人Rturn to Forest Lifeさんから、間伐材から額縁ができるまでの様子をまとめたポスターを送っていただきました。
このポスターは、実際にこの額縁を飾って下さっている介護施設で、この額縁のことを利用されている方に知っていただくために作られたそうです。
私たちのお仕事のことを、少しでも多くの方に知っていただけることはとても嬉しいですshine

ワタミの森をまもる活動の中で、私たちが仕事をすることで少しでも役に立てたらいいな、と思いますclover
この仕事に取り組んだスタッフも、自分たちが作ったものが実際に使われているということがわかって、誇りをもって取り組んでいますsign01

2013年7月20日 (土)

間伐材の額縁づくりをしています!

Simg_2079_2

ひなたぼっこでは、スタッフはカフェの仕事以外にも、いろいろな仕事をしています。
その1つが、株式会社ソーケン製作所さんからの依頼で製作している、間伐材を使った額縁づくりflair

今回は、ヒノキの間伐材が使われているもので、事務所全体が木のいい香りに(笑)。
額の形になったものを、サンディングして、ほこりを取り、塗料を塗ります。

Simg_2088

その後に、塩ビの板を取り付けます。
ほこりが付かないように、慎重に…sweat01

取り付ける時には、汚れていないかチェック。

Simg_1948

みんな、真剣eye

Simg_1941

作業の様子は、お仕事を提供して下さっている会社の皆さまにもご覧いただきました。
株式会社ソーケン製作所の代表取締役の有吉さんと、ご担当の齊藤さん。齊藤さんには、いつも丁寧なアドバイスをいただいています。

そして、実は、この額縁の材料になっている間伐材は、ワタミの森で伐採されたもの。
この活動をしている特定非営利活動法人Return to Forest Lifeの事務局の小林さんもいらっしゃいました。
皆さま、お忙しい中で足を運んで下さり、感謝ですsign03

Simg_1950

この間伐材の額縁製作は、ソーケン製作所さんから、「障害のある人が働いている事業所で作って欲しい。」ということで、ちばMDエコネットでコーディネートをさせていただき、社会福祉法人一路会さん、福祉作業所ステップさんがそれぞれ数を分担して作業を進めています。

この製作した額縁は、ワタミグループの介護施設で飾る絵や写真の額として使われるそうですhappy01



2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ