2017年5月 1日 (月)

カフェ入口スロープ完成!

Img_8100

4月の終わりに、待望のカフェ入口スロープを設置することができましたsign03
このスロープは、生活クラブ虹の街エッコロ福祉基金と、三井住友銀行
ボランティア基金を活用して、設置することができました。
心より、感謝申し上げます。

そして、設置は株式会社ソーケン製作所さんにお願いし、頑丈なスロープが
できました。

①電動車いす対応
②さびないステンレス製
③雨の日にも滑りにくい特殊加工

でございます。
さまざまな工夫が凝らされているものです。

Img_8090

車いすに限らず、ベビーカー、手押しのカート、足の不自由な方に、少しでも
入りやすくなれば…と思っています。
皆さまのご来店をお待ちしておりますsign01

2017年4月 1日 (土)

作業所から「地域活動支援センター」へ

Simg_8009

この4月から、「作業所ひなたぼっこ」は、「地域活動支援センターひなたぼっこ」になりましたhappy01
名称は変わりますが、活動が大きく変わることはありません。

改めてご説明しますと、法人全体として、地域活動支援センターの取り組みがあり、その他に千葉県との協働事業「ノーマライゼーション学校支援事業」があります。

<地域活動支援センターとしての取り組み>
①コミュニティカフェひなたぼっこの運営(水日定休)
②高齢者施設「高根台つどいの家」の清掃業務委託(週2回)
③ちいき新聞の配布(週2回)
④馬込町団地広場の清掃業務委託(月2回)
⑤船橋市本町通り商店街の清掃ボランティア(週2回)

そして一つ新たなこととしては、これまでの働く場に加えて、創作活動なども取り入れた、幅広い活動を取り入れて行きたいと思っていますnote

地域活動支援センターに移行し、施設長は山本佳美が務めることになりました。

みなさま、これからもどうぞよろしくお願いしますsign03

2015年6月22日 (月)

ちばMDエコネットの総会を開催しました

6月21日(日)、NPO法人ちばMDエコネットの2015年度定期総会
を開催しました。
お集まりいただいた会員の皆様、ご多忙中のところをありがとう
ございました。

初めに議長と書記の選出をしました。

Scimg0215

次に、第1号議案の2014年度事業報告と会計報告をしました。

Scimg0217

拍手で承認を頂き、続いて第2号議案の2015年度事業計画案と
予算案を説明、承認を頂きました。

Scimg0220

第3号議案の役員選任も拍手で承認され、すべての議案が滞りなく
可決されました。

休憩のあと、映画「ひなたぼっこ」を作製して頂いた桐野直子さんの
新しいドキュメントフィルムを皆で鑑賞しました。
カフェのスタッフの日常の作業を追っています。
カフェの中とはまた違う、それぞれの素顔や様子が見られました。

終了後は、交流タイム。
ゆずのシャーベットを食べながら、それぞれの近況報告をしました。

Sdsc_1710

Sdsc_1711

Sdsc_1713

これからもエコネットでは仲間を増やして、活動を広げて行きたい
と思っています。
会員も随時募集しております。
興味のある方は、カフェに足をお運びください。
お待ちしております。

2015年3月16日 (月)

「中央ろうきん若者応援ファンド2015」助成決定!

3月16日(月)、「中央ろうきん若者応援ファンド2015」の贈
呈式に出席してきました。

この助成金は、今年が初年度!
採択されたことは、大変光栄なことで、ありがたいです。
選考のヒアリングには、選考委員長の社会活動家、法政
大学教授である湯浅誠さんもいらして、お話をさせていた
だきました。対応した事務局長の山本、湯浅さんとお話が
できて感激でした。

S1503161

贈呈式の後に、採択された9団体の活動内容の紹介と交流会。

S1503162

S1503163

多岐に渡る分野で、若者の就労に向けた支援が行われて
おり、さらにこのプログラムを通して、広がって行くと思いま
す。
それだけ、今の日本で若者の就労に関する課題が多く、さ
まざまな問題が絡んでいるということだと思います。

私たちは、就労に向けた「若者ボランティアプログラム」づく
りと、支援者のスキルアップ事業に取り組みます。
最近の2年間で、カフェひなたぼっこには、就労を目指す若
者(15歳~39歳が目安)が、社会参加のきっかけとして、ボ
ランティアに来て下さるケースが増えてきました。
2年前に、カフェから徒歩1分の場所に「ふなばし地域若者サ
ポートステーション」が出来たことをきっかけに、そこに通う
若者のボランティア希望が増えたことがあり、それ以外にも
若者のボランティア希望が増えています。
私たちとしては、その部分について体制づくりを進めて行か
ねばという思いが強くなっていました。
そこで、この若者応援ファンドに応募しました。

障害福祉と若者支援。
…縦割りで抜け落ちる支援を、この取り組みで少しずつつな
げて行きたいという思いがあります。
連携団体と協力して、進めて行きますsign03

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ